航空券の乗り継ぎ便を利用して、もっと安く飛行機に乗る方法!

ダイレクト便と乗り継ぎ便の違い

国内線とは違って国際線を利用する場合は、直行便と乗り継ぎ便で料金にも違いがあります。

旅慣れた人は、乗り継ぎの飛行機を利用することもあるでしょう。ただ、不慣れな場合や旅行の日程が決まっている時は、直行便を利用することが多いようです。

航空会社にもよりますが、乗り継ぎの飛行機の方が安い料金設定になっています。

ですから、格安航空券を探している人は、乗り継ぎ便を利用するといいでしょう。

JALの乗り継ぎ便を利用すると、50パーセントから75パーセントまでの割引率があります。

予約日がの搭乗日から28日前なら最大75パーセントの割引が受けられます。

予約割引は1週間前まで受けられますが、当日に乗り継ぎ便を予約して飛行機に搭乗した場合も45パーセント程度の割引があります。

他の航空会社でもこのような乗り継ぎ便の割引を実施しているので、確認してみるといいでしょう。

たとえば、希望する航空会社に乗り継ぎ便があれば、そちらを利用した方が安い料金設定になります。

海外旅行の場合は、飛行機の便を上手く利用して目的地に早く行くこともできます。直行便よりも時間を上手く使うことができるし、空港の中で無料のサービスを利用する楽しみもあり、一石二鳥ではないでしょうか。

ただ、このような乗り継ぎ便で安い航空券を購入する場合は、期間が限られていたり、限定販売で座席数が少ない場合もあります。

航空会社や旅行代理店のサイトで事前に発表することがあるので、目的地が決まったら要チェックです。

航空券の乗り継ぎ便を利用して、もっと安く飛行機に乗る方法!メニュー